SAN CENTER PLAZA ― 国内最大級500店舗のショッピングゾーン、神戸・三宮 さんセンタープラザ
ボディサプライズ
牛乳②

こんにちは!中村です。

今日も雨の日ですね。
晩は、止むそうですけど
風も強いので暖かくしてお出掛け下さいね☆

では、先週の続きの
牛乳の種類について
お話ししていきますね!

牛乳には、
普通の牛乳と
成分調整牛乳、
低脂肪牛乳、
無脂肪牛乳があります。
一体何がどう違うのかがわからないと、
お店で並んでいても
どれを選んで良いのか
迷ってしまいますよね。

牛乳の種類の違い

牛乳

よくお店に並んでいて、
パッケージに「牛乳」と
はっきり書かれている
ものがこの牛乳です。
ほとんど成分を調整していないため、
牛からお乳としてとれた状態から
栄養素はほとんど失われていません。

成分調整牛乳

牛からお乳として
とれた牛乳の中から、
脂肪分を取り除いた牛乳を言います。
低脂肪牛乳と無脂肪牛乳は
これに分類されます。
低脂肪牛乳は
乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下に、
無脂肪牛乳は乳脂肪分を
0.5%以下に抑えています。
たんぱく質やミネラル類などの
栄養分は全て乳脂肪分に
含まれています。
つまりこの乳脂肪分を
抑えればカロリーは減りますが、
摂取できる栄養分は
大幅に減ってしまいます。

ダイエット目的に低脂肪牛乳や
無脂肪牛乳を選ぶ人が多くいますが、
栄養が不足するばかりですから
健康にはむしろ良くない影響を
与えることになります。
牛乳ならではの栄養分に
健康効果を期待をするのなら、
無調整の牛乳を選んだ方が良いです。

牛乳で得られる6つの健康効果

牛乳にはたくさんの
栄養分が含まれているため、
飲めばもちろん健康効果を
得ることができます。
具体的に得られる効果は次の通りです。

カルシウムで骨・歯を丈夫にする

厚生労働省の調査では、
現在の日本人は推奨している
カルシウムの量を
摂取していないことがわかっています。

カルシウムが骨や歯を
形成している割合は何と99%!!
つまりカルシウムが不足していると、
骨や歯の密度が大幅に減ってしまいます。

骨粗しょう症によって
些細な刺激で骨折・骨にひびが入る

歯が弱くなって欠けたり
折れやすくなる
といった事態を招いてしまいます。

牛乳には100mlあたりに
約110mgのカルシウムを含んでいます。

カルシウムを多く含んでいる食品は
他にも多くありますが、
牛乳はその中でも吸収効率と
利用性が群を抜いて優れているのです。

例えば、ひじきには100gあたりに
約1400mgものカルシウムが含まれています。しかしひじきの一食分は
約10gであるため、
一食で摂れるカルシウムは
約140mgとなります。
対して牛乳はコップ一杯分(約200mg)で
約220mgのカルシウムを
摂ることができます。
しかも牛乳はただ飲むだけでなく
シチューやクラムチャウダーなどの
料理にも使うことができるので、
様々な場面でより多くのカルシウムを
摂取できるのです。
骨や歯は人が日常生活を送る上で
欠かせない重要な部位です。
これを健康的に保つためには、
牛乳によるカルシウム摂取が
有効的と言えます。

以上の事を参考にして
牛乳を摂取していきましょう。

では、今週はこの辺りで失礼致します。




投稿元のブログへはこちらをクリック

ショップ・インフォメーション
ボディサプライズ
センタープラザ3F-08
■TEL:078-381-6671
■営業時間:11:00~21:00 日曜・祝日11:00~20:00
■定休日:不定休
■HP:http://www.body-surprise.com/
カラダびっくり!! ココロすっきり♪
外観は情熱の赤、店内は高級バリ風 今までにない整体サロンです♪ 一番人気の根本改善を目的としたボディサプライズコース(骨格調整コース)から、ボディリフッレシュ(筋肉調整コース)や足裏、O脚改善コースまで施術させていただきます!
カレンダー
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード

このブログ記事について

このページは、ボディサプライズが2017年4月11日 10:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「集中力」です。

最近のコンテンツはトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブページで見られます。

    ページトップへ
Copyright (C) 2010 SAN CENTER PLAZA. All Right Reserved.